キッチンの臭い。いやですよね。
排水口を掃除したり、色々と対策していると思いますが、何故か臭いが取れない。
そんな原因が分からない臭いに悩まされ、解決方法が見つからない方もいらっしゃると思います。
その臭いの原因は、シンクの下の排水管に装着されている防臭キャップが関係していることがほとんどです。

スポンサ-リンク


「シンクの下」とは、どこのこと?
そんな方もいらっしゃると思います。
文字などで説明するよりも、動画で作業している様子を見たほうが、理解が深まると思います。
実際に防臭キャップを交換する動画を作成しましたのでご確認ください。
このサイトでは、動画では説明できなかった部分の補足説明をさせていただきます。

キッチンの下の棚の引き出しであったり、扉を開けると、排水のパイプが見えると思います。
棚や引き出しの中に食器等が入っている方は、食器などを取り出しましょう。
そのパイプは排水管につながっています。
排水管と排水パイプは直径が違うため、隙間が空いてしまいます。
その隙間をふさぐのが防臭キャップです。
防臭キャップが無いと、隙間から下水の臭いが上がってきてしまいます。
また、防臭キャップがずれていたり劣化していると、隙間が空いてしまい、下水の臭いが上がってきてしまいます。
原因不明の臭いは、ほとんどが、防臭キャップによるものです。
防臭キャップがずれていた場合は、きちんとはめ直せば、ほとんどの場合、臭いが解消されます。
また、防臭キャップが劣化している場合は、新しい物につけ直せば、同じく解決します。

防臭キャップの紹介

よく使用する防臭キャップをご紹介します。


キッチン臭い対策 補足説明

防臭キャップがキッチンの底板の奥にあったり、奥の壁の中にあったり、すぐに確認できないキッチンがあります。
そのような場合は、無理して確認しようとせず、水道業者などに依頼しましょう。
排水パイプを無理に引っ張ったり、すると、水漏れの原因となります。
また、防臭キャップを新しいものに取替たいけど、どれが良いか分からない場合は、
防臭キャップをホームセンターなどに持っていき、店員の方に教えてもらいましょう。
水道業者の方に教えてもらうのも良いと思います。
水関係の修理の場合は、漏水が起こる可能性が高いため、自信がない方は、専門の方にお願いするのが良いと思います。
建築して日が浅い物件の場合は、建築業者にお願いするのも良いと思います。
排水管の清掃を実施しても臭いが解決しない方は、お試しください。

スポンサ-リンク