トイレの便器からチョロチョロと水漏れがしている。
トイレを流した後、タンクの中でチョロチョロと水が止まらない。
その原因はフロート弁が原因かもしれません。

スポンサ-リンク


フロート弁を交換することで、水漏れが直る可能性があります。
フロート弁の交換方法に関して動画を作成しましたので、そちらをご覧いただければと思います。
文字などで説明するよりも、作業している様子を実際に見ていただいたほうが理解が深まります。


フロート弁とは、トイレの大小のレバーに連動しており、レバーを引くと、弁が開き、タンクにたまった水を便器内に排出します。
ある程度水が排出されると、フロート弁が閉まり、トイレタンク内に水が溜まるようになります。
しかし、フロート弁の取り付け方が悪かったり、古くなって劣化すると、フロート弁の閉まりが不十分となり、
フロート弁の隙間から水が少量ずつ流れ、便器にチョロチョロと水が流れるようになります。
トイレの構造に関して動画を作成しましたので、そちらをご覧いただければ、フロート弁の仕組みが分かります。
言葉で説明するよりも、実際の構造を実際に見ていただいたほうが理解が深まります。

トイレのタンク内は複雑そうな構造になっていますが、理解すれば意外と単純な構造なのが分かると思います。
構造を理解することで、水漏れの原因がフロート弁に起因するものなのか等、原因を特定することにも役に立つと思います。

フロート弁の紹介

今回使用したフロート弁の同等品をご紹介します。


フロート弁交換 補足説明

フロート弁を交換する場合は、必ず、止水栓を閉めて、トイレのタンク内に水が給水されないようにしましょう。
止水栓を閉めないと、作業中に水がタンク内に流れ出し、慌てることになります。
また、劣化したフロート弁を触ると手がとても汚れます。
必ず、ゴム手袋などで手を保護して作業するようにしましょう。

フロート弁にもトイレのメーカーによって、様々な種類があります。
種類を間違えると取りつかない場合もあります。
必ず、トイレに取りついているフロート弁を確認してから新しい物を準備するようにしましょう。

作業自体は慣れれば簡単ですが、自信がない方は、水道業者などにお願いするようにしましょう。
2階にあるトイレなどの場合、作業途中で大量の水漏れを発生させた場合は、下の階まで水が流出してしまうかもしれませんので、無理はしないようにしましょう。

スポンサ-リンク