トイレのボールタップとは、
トイレの水を流した後に、トイレのタンク内の水の量を検知し、便器に水を流したり、タンクの中が満水になると、便器に流れる水を止めたりする部品です。

トイレのタンク内に設置されており、ボールタップに取り付いている浮き球によって、
タンク内の水位を検知し水を流したり、止めたりしております。
ボールタップの仕組みを知りたい方は、私の作成した動画を御覧ください。

また、トイレのタンク内の仕組みを知りたい方は、私の作成した下記の動画を御覧ください。

便器内に内に水が流れなくなったり、タンクの中に水がたまらくなったり、
タンクの中で「チョロチョロ」と水が流れるような音がしている場合は、
ボールタップに原因があることが多いです。

その為、ボールタップの交換が必要になりますが、実施したことのない方がほとんどだと思いますので、
作業方法がわからないと思います。その為、水道業者の方などに依頼し、修理をされていることと思います。
でも、タンク内の仕組みや、取替方法を理解すれば、
そんなに難しい作業ではありません。

トイレボールタップの取り換え方法に関しては、
私が作成した動画をご確認いただければ実施できるのではないかと思います。
文字などで説明するよりも、動画で作業している様子を御覧頂いたほうが、理解が深まると思います。⇒ トイレボールタップ取替

このサイトでは、動画では説明できなかった部分の補足説明をさせていただければと思います。

スポンサ-リンク

ボールタップ交換に使用する道具

ボールタップ交換の補足説明

ボールタップの交換で気をつけなければならないのが、
トイレタンクの蓋を開ける前に、必ず、止水栓を止め、タンクに水が供給されないようにすることです。
この工程を省いてしまうと、作業途中に水が流れだしてしまいます。
結構な勢いで流れ出すため、トイレ中に水が飛び散ると思います。
後の拭き掃除が大変なので、必ず実施してください。

止水栓を止めた際に、止水栓から水が漏れることがあります。
大量に漏れることはありませんが、ジワジワと少量づつ漏れることがたまにあります。
その時は、作業を中断し、水道業者に止水栓の修理を依頼しましょう。

その際は、ボールタップの取替も一緒に依頼したほうが良いとおもいます。
また、トイレのタンク内は、意外と汚れています。素手で作業をすると、
手が、予想以上に真っ黒になります。

手を洗っても中々除去できない頑固な汚れのため、

必ずゴム手袋を着用して作業をするようにしましょう。
どうも自信がないという方は、無理せずに業者に修理を依頼しましょう。
その時に、作業風景を見させていただき、

次に同様の不具合が発生したらご自身で実施されれば良いと思います。

スポンサ-リンク